住宅インスペクション(建物状況調査)の取り扱い開始

平成30年4月から不動産仲介契約書・重要事項説明において、住宅インスペクションについて説明することが義務付けられました。

住宅インスペクションとは、例えるなら「健康診断」。
すべてが完全に分かるものではありませんが、兆候が見え、もう一度詳しい検査をしましょう、そして悪い部分が見つかればきちんと直していきましょう、というステップに進めることのできる住宅の建物状況調査です。

現在のところ、インスペクションを受けること自体が義務付けられているわけでありませんが、
建物を購入される際に、インスペクションという制度がある事。インスペクションを受けた物件であるかどうかなど、説明することになっております。

当社におきましても、この度、ジャパンホームシールド株式会社の事業者登録を受けました。
今後お客様へのご案内と共にご要望に応じてインスペクションについてご紹介させて頂きます。

個人間売買(仲介)物件についても対象となっております。
また、個人間売買物件については、上記検査に適合すれば引き渡し後の瑕疵保証についても受ける事が可能です。

売主様も買主様も安心してお取引して頂けるサービスとなっておりますので是非ご利用ください。