クロスの穴を簡単補修

こんにちは。

今回もDIY特集。

自宅の壁にうっかり物をぶつけたりして穴開けちゃったことありませんか?

本当は一面全部張り替えれば綺麗になりますが、費用もかかります。

とりあえず穴が開いたままでは見た目も悪いし・・・なんて時に簡単補修方法です。

材料は全てホームセンターで手に入ります。

必需品
 カッターナイフ
 パテ
 紙やすり
 メッシュシート(穴埋め用のテープ)
 クロス(補修用の小さい物でOK)

あると便利な物
 ローラー
 マスキングシート(粉やパテが床に落ちないように保護)

補修方法
 
① まず、穴をカッターナイフで切りこれ以上崩れないようにする。(崩せるところは切り取り崩しておく。)
クロス穴補修手順1

② 次に穴の周囲を少し大きめに、カッターナイフで四角形に切り、クロスだけをめくる

クロス穴補修手順2

③ 穴の中にある石膏ボードを取り除く
クロス穴補修手順3

④ 穴の上からメッシュシートを張る
クロス穴補修手順4
クロス穴補修手順4-2

⑤ メッシュシートの上からパテを塗り、できるだけ平らになるようにならす ※少しづつ塗り重ねる
クロス穴補修手順5

う~ん。下手くそなパテ塗りで申し訳ありません。。。
 
⑥ パテが乾くのを待ち、乾いたら紙やすりで削って平らにする。 
クロス穴補修手順6

⑦ 補修用のクロスを最初に切り取った範囲よりも3cm~5cm大きめに切り、仮止めする。
(写真のクロスは裏紙をめくるだけで張れるタイプなので上の方を少しめくって張っています。)
クロス穴補修手順7

⑧ 仮止めした補修用クロスを四角く切る。この時、最初にクロスをめくり下地にパテを塗った範囲よりも2cm程大きく切る。
※下のクロスも一緒に切る。
クロス穴補修手順8

⑨ 仮止めした補修用クロスを一旦外し、切り込みを入れた範囲のクロスを剥がす。
クロス穴補修手順9

⑩ 切り取った補修用クロスを下地の切り取った範囲に合わせて貼る。ローラーを使うとしっかり押さえることができます。
クロス穴補修手順10

クロス穴補修

以上で完成です。

今回は元の柄と同じクロスがなかったので渋々違う柄で妥協しました・・・(穴が開いたままよりはマシということで)

同じ柄のクロスを手に入れればもっと綺麗に仕上がりますよ~。
(インターネットで同じ柄のクロスを少し購入するとか、クロスの見本帳などから同じ柄のページを切り取りそのまま使うという方法も。。。)

クロス穴補修

簡単手軽に補修方法でした~
参考になればm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。